海外不動産の相続

  1. Q.私は日本で長い間生活している外国人ですが、病気になって遺言をするつもりです。どのようにすればいいですか?

    A.遺言の方式としては、遺言者の本国法か日本法に規定される方式に沿えば有効になります。しかし、遺言能力、意思表示の瑕疵、遺言できる事項等については本国法に従います。したがって、遺言時における本国法に準拠している必要があるという結論になります…

  2. Q.私と父は10年前よりイタリアにおいて生活しています。このたび父が死去し、イタリアにある不動産を相続しました。この不動産は、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

    A.制限納税義務者に当たりますので、国内財産だけが相続税の申告対象とされます。それゆえ、イタリアにあ…

  3. Q.在外財産で節税することはできますか?

    A.まずは国内で暮らしながらできる節税対策を行うといいでしょう。「海外にある財産には相続税が…

  4. Q.アメリカにある建物を相続しました。アメリカには固定資産税評価額はないそうですが、建物の評価はいかにして行うのですか?

    A.海外に存在する建物については、売買実例価額や不動産鑑定士等の精通者意見価格を斟酌して評価を行いま…

  5. Q.アメリカにある賃貸物件(借地権・借家権割合)の評価は、いかにして行うのでしょうか?

    A.海外に存在する土地や建物については、売買実例価額や不動産鑑定士等の精通者意見価格を斟酌して評価を…

  6. Q.アメリカにある土地につき、小規模宅地等の特例の適用を受けることは可能でしょうか?

  7. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメリカの土地には「路線価」が存在しませんが、土地の評価はいかにして行うのですか?

  8. Q.私の父は日本人で、私の母はアメリカ人です。私はアメリカで生まれ、現在もアメリカで生活しています。日本の父の戸籍に登録があるものの、アメリカの市民権を持っていて、パスポートもアメリカのものです。このたび日本に住む叔父が死去し、アメリカにある不動産が私に譲られることとなりました。この不動産は、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

  9. Q.私と父は10年前よりフランスにおいて生活しています。このたび父が死去し、父が日本に持っている不動産を相続しました。この不動産は、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

  10. Q.父は10年前よりシンガポールにおいて生活しています。このたび父が死去し、日本に住む私がシンガポールにある不動産を相続しました。この不動産は、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

おすすめ記事

  1. Q.国外財産調書制度について教えてください。
  2. 相続財産を公益法人に寄附しました。何か特例はありますか?
  3. Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?

おすすめ記事

Q.国外財産調書制度について教えてください。

A.平成24年度税制改正において創設された制度で、その年の12月31日においてその価額を合わせた額が…

おすすめ記事

  1. Q.国外財産調書制度について教えてください。
  2. 相続財産を公益法人に寄附しました。何か特例はありますか?
  3. Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?
PAGE TOP