海外相続

Q.父は10年前よりシンガポールにおいて生活しています。このたび父が死去し、日本に住む私がシンガポールにある不動産を相続しました。この不動産は、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

A.居住無制限納税義務者に当たりますので、国内・国外のあらゆる財産に相続税が課されます。それゆえ、シンガポールにある不動産についても、日本の相続税の申告対象とされます。

ご質問のケースについては、あなたは日本に住所がありますので、居住無制限納税義務者に当たります。したがって、国内・国外のあらゆる財産に相続税がかかります。

関連記事

  1. Q.アメリカにある賃貸物件(借地権・借家権割合)の評価は、いかに…
  2. Q.在外財産で節税することはできますか?
  3. Q.父と母は日本人ですが、父はアメリカに財産を有していました。ア…
  4. Q.私(日本人)は、日本においてアメリカ人男性と結婚し、その夫の…
  5. Q.私は仕事のために日本と中国を3ヶ月おきに往来しています。住民…
  6. Q.アメリカにある建物を相続しました。アメリカには固定資産税評価…
  7. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメ…
  8. Q.私の父は日本人で、私の母はアメリカ人です。私はアメリカで生ま…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP