海外相続

Q.アメリカの銀行の日本支店に預け入れられた外貨預金を相続しました。この預金の所在地はどこになるのかを教えてください。

A.外貨預金が国外にあるか否かは、受入れをした営業所か事業所の所在地で判定されますので、この預金は日本にあるといえます。

金融機関に預け入れられている預貯金等が国外にあるか否かは、その預貯金等の受入れをした営業所か事業所の所在地で判定されます。
したがって、ご質問のケースについては、アメリカの銀行の日本国内にある支店に預け入れられている外貨預金は国内財産に当たり、日本の相続税の対象とされます。

ちなみに、外国に存在する日本の銀行の支店に預け入れられている預金は、国外財産として扱われます。

関連記事

  1. Q.日本の相続税の申告期限までに外国相続税額が確定していない場合…
  2. Q.アメリカの未上場の会社の株式を相続しました。この株式の評価に…
  3. Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?
  4. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…
  5. Q.日本の銀行のイギリス支店に預け入れられた普通預金を相続しまし…
  6. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  7. Q.父は10年前よりシンガポールにおいて生活しています。このたび…
  8. Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP