海外相続

Q.ドイツの銀行のドイツ支店に預け入れられた普通預金を相続しました。この預金の所在地はどこになるでしょうか?

A.外貨預金が国外にあるか否かは、預入れを行った支店等の所在地で判定されますので、この外貨預金はドイツにあるということになります

預金については、預入れを行った金融機関の支店等の所在地が、預金の所在地とされています。それゆえ、邦銀の国内支店や外銀の国内支店に預け入れられている預金は国内財産、邦銀の海外支店や外銀の海外支店に預け入れられている預金は国外財産として扱われます。
ご質問のケースについては、ドイツの銀行のドイツ支店に預け入れられている普通預金の所在地は、ドイツとなります。

関連記事

  1. Q.父(日本人)は事業に成功し、日本と外国に資産(銀行預金)を残…
  2. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  3. Q.アメリカの銀行の日本支店に預け入れられた外貨預金を相続しまし…
  4. Q.外国において課税された相続税は、いつのレートによって換算する…
  5. Q.日本の証券会社で購入したオーストラリア国債を相続しました。こ…
  6. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…
  7. Q.日本の証券会社で購入したイタリアの会社の株式を相続しました。…
  8. Q.アメリカにある賃貸物件(借地権・借家権割合)の評価は、いかに…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP