海外相続

Q.ドイツの銀行のドイツ支店に預け入れられた普通預金を相続しました。この預金の所在地はどこになるでしょうか?

A.外貨預金が国外にあるか否かは、預入れを行った支店等の所在地で判定されますので、この外貨預金はドイツにあるということになります

預金については、預入れを行った金融機関の支店等の所在地が、預金の所在地とされています。それゆえ、邦銀の国内支店や外銀の国内支店に預け入れられている預金は国内財産、邦銀の海外支店や外銀の海外支店に預け入れられている預金は国外財産として扱われます。
ご質問のケースについては、ドイツの銀行のドイツ支店に預け入れられている普通預金の所在地は、ドイツとなります。

関連記事

  1. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  2. Q.私と父は10年前よりフランスにおいて生活しています。このたび…
  3. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメ…
  4. Q.私は仕事のために日本と中国を3ヶ月おきに往来しています。住民…
  5. Q.国外財産調書制度について教えてください。
  6. Q.私は日本で長い間生活している外国人ですが、病気になって遺言を…
  7. Q.私は日本に住んでいて、父も日本に住んでいましたがこのたび死去…
  8. Q.アメリカの会社の株式でニューヨークとロンドンに上場されていた…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP