海外相続

Q.ドイツの銀行のドイツ支店に預け入れられた普通預金を相続しました。この預金の所在地はどこになるでしょうか?

A.外貨預金が国外にあるか否かは、預入れを行った支店等の所在地で判定されますので、この外貨預金はドイツにあるということになります

預金については、預入れを行った金融機関の支店等の所在地が、預金の所在地とされています。それゆえ、邦銀の国内支店や外銀の国内支店に預け入れられている預金は国内財産、邦銀の海外支店や外銀の海外支店に預け入れられている預金は国外財産として扱われます。
ご質問のケースについては、ドイツの銀行のドイツ支店に預け入れられている普通預金の所在地は、ドイツとなります。

関連記事

  1. Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?
  2. Q.私は日本に住んでいて、父も日本に住んでいましたがこのたび死去…
  3. Q.在外財産で節税することはできますか?
  4. Q.既に納めた外国の相続税に相当する税の額が、日本において課税さ…
  5. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメ…
  6. Q.外貨建てによる財産を邦貨換算するに当たっては、三つの為替レー…
  7. Q.私は外国人と結婚する予定ですが、婚姻届はどのようにすればいい…
  8. Q.日本の証券会社で購入したイタリアの会社の株式を相続しました。…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP