海外相続

Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない場合)、いつのレートで換算するのでしょうか?

A.課税時期に為替相場が存在しない場合においては、その課税時期前の一番近い日の相場を適用することになります。したがって、金曜日の為替レートで換算します。

相続で取得した財産が外貨建てであれば、相続税の申告に当たっては日本円に換算しなければなりません。
換算レートは、課税時期(相続開始日)の納税義務者の取引金融機関が公表する相場を適用するのが原則となっています。ただ、外貨預金等、取引金融機関が特定されていれば、その取引金融機関が公表するレートによります。

課税時期が取引金融機関等の休日に該当し、その金融機関の為替相場が公表されていないのであれば、課税時期前のその相場のうちで、課税時期に一番近い日の為替レートによることになっています。
ご質問のケースについては、課税時期が日曜日であったことから、課税時期より前で取引金融機関が為替相場を公表する一番近い日、つまり金曜日の為替レートで換算します。

関連記事

  1. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメ…
  2. Q.外貨建てによる財産を邦貨換算するに当たっては、三つの為替レー…
  3. Q.日本の相続税の申告期限までに外国相続税額が確定していない場合…
  4. Q.日本の銀行のイギリス支店に預け入れられた普通預金を相続しまし…
  5. Q.私は日本で長い間生活している外国人ですが、病気になって遺言を…
  6. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近…
  7. Q.父が日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結…
  8. Q.外国において課税された相続税は、いつのレートによって換算する…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP