海外相続

Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、この生命保険契約に関する権利を取得しました。この権利の所在地を教えてください。

A.生命保険契約の所在については、その保険の契約に係る保険会社の本店か主たる事務所の所在地で判定されますので、この権利の所在地はアメリカということになります。

平成15年度税制改正前においては、生命保険契約に係る保険金や損害保険契約に係る保険金の所在については、「生命保険契約又は損害保険契約の保険金については、これらの契約を締結した保険者の営業所又は事業所の所在」と定められていました。
その後、税制改正によって「保険金については、その保険の契約に係る保険会社の本店又は主たる事務所の所在」と定められました。しかし、保険事故が起こる前の生命保険契約と損害保険契約(以下「生命保険契約等」といいます)の所在に関しては、その所在が明文化されていませんでした。
そこで、通達によって、生命保険契約等の所在につき、生命保険契約等に係る保険金等の所在の規定に準じて、その生命保険契約等に係る保険会社の本店か主たる事務所の所在地にあるものとして扱うことになりました。

なお、保険業法第186条によって、日本に支店等を設けない外国保険業者は、日本に住所か居所を有する人に係る保険契約を締結してはならないとされています。

関連記事

  1. Q.アメリカの上場株式を相続しました。課税時期の属する月、前月及…
  2. Q.アメリカにある土地につき、小規模宅地等の特例の適用を受けるこ…
  3. Q.アメリカの未上場の会社の株式を相続しました。この株式の評価に…
  4. Q.アメリカにおいて登録されている自動車(日本でも購入できるもの…
  5. Q.父(日本人)は事業に成功し、日本と外国に資産(銀行預金)を残…
  6. Q.日本の相続税の申告期限までに外国相続税額が確定していない場合…
  7. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  8. Q.中国の子会社に貸した長期貸付金を相続しました。この長期貸付金…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP