海外相続

Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、この生命保険契約に関する権利を取得しました。この権利の所在地を教えてください。

A.生命保険契約の所在については、その保険の契約に係る保険会社の本店か主たる事務所の所在地で判定されますので、この権利の所在地はアメリカということになります。

平成15年度税制改正前においては、生命保険契約に係る保険金や損害保険契約に係る保険金の所在については、「生命保険契約又は損害保険契約の保険金については、これらの契約を締結した保険者の営業所又は事業所の所在」と定められていました。
その後、税制改正によって「保険金については、その保険の契約に係る保険会社の本店又は主たる事務所の所在」と定められました。しかし、保険事故が起こる前の生命保険契約と損害保険契約(以下「生命保険契約等」といいます)の所在に関しては、その所在が明文化されていませんでした。
そこで、通達によって、生命保険契約等の所在につき、生命保険契約等に係る保険金等の所在の規定に準じて、その生命保険契約等に係る保険会社の本店か主たる事務所の所在地にあるものとして扱うことになりました。

なお、保険業法第186条によって、日本に支店等を設けない外国保険業者は、日本に住所か居所を有する人に係る保険契約を締結してはならないとされています。

関連記事

  1. Q.ドイツの銀行のドイツ支店に預け入れられた普通預金を相続しまし…
  2. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近…
  3. Q.既に納めた外国の相続税に相当する税の額が、日本において課税さ…
  4. Q.父と母は日本人ですが、父はアメリカに財産を有していました。ア…
  5. Q.アメリカにある土地につき、小規模宅地等の特例の適用を受けるこ…
  6. Q.アメリカの会社の株式でニューヨークとロンドンに上場されていた…
  7. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  8. Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP