海外相続

Q.父が日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結びました。このたび父が死去し、子供である私が死亡保険金を取得しました。この保険金の所在地を教えてください。

A.生命保険金の所在地は、その契約に係る保険会社の本店の所在地で判定されますので、この保険金の所在地はアメリカとなります。

生命保険契約や損害保険契約の保険金の所在地は、契約に係る保険会社の本店か主たる事務所の所在地により判定されます。
ご質問のケースについては、日本の銀行においてアメリカの保険会社の生命保険契約を結んだ場合においても、契約に係る保険会社の本店か主たる事務所がアメリカにあるのなら、この取得した保険金の所在地はアメリカであるといえます。

なお、この場合に、日本において相続税の申告対象となる納税義務者は、居住無制限納税義務者と非居住無制限納税義務者です。

関連記事

  1. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近…
  2. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  3. Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?
  4. Q.日本の証券会社で購入したイタリアの会社の株式を相続しました。…
  5. Q.既に納めた外国の相続税に相当する税の額が、日本において課税さ…
  6. Q.私は10年前より韓国において生活しています。このたび日本に住…
  7. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…
  8. Q.日本の証券会社で購入したオーストラリア国債を相続しました。こ…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP