海外相続

Q.私の父は日本人で、私の母はアメリカ人です。私はアメリカで生まれ、現在もアメリカで生活しています。日本の父の戸籍に登録があるものの、アメリカの市民権を持っていて、パスポートもアメリカのものです。このたび日本に住む叔父が死去し、アメリカにある不動産が私に譲られることとなりました。この不動産は、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

A.アメリカにおいて生活していて市民権を持っていても、二重国籍であれば日本の国籍を持っていますので、非居住無制限納税義務者に当たります。それゆえ、国内・国外のあらゆる財産に相続税が課されますので、アメリカにある不動産についても、日本の相続税の申告対象とされます。

ご質問のケースについては、あなたは日本国籍で外国に住所があり、叔父は日本に住所がありますので、あなたは非居住無制限納税義務者に当たります。したがって、国内・国外のあらゆる財産に相続税がかかります。
ちなみに、原則として、日本においては二重国籍が認められていません。例えば、アメリカの市民権を取得した場合は、一定期間内に領事館等に対して国籍喪失の届出を行い、日本国籍を失うこととなります。また、出生時より二重国籍であった場合は、22歳になるまでにいずれかの国籍を選ぶ必要があります。
ただし、次のように、一部例外的に二重国籍が認められています。
・1985年の改正国籍法施行時において20歳以上であり、かつ、それ以前より二重国籍であった人については、日本の国籍が認められます。
・上記以外の人で22歳までに国籍を選ぶべき人が、期限内に国籍を選ばなかった場合は、日本国籍を選んだものとして扱われます。

関連記事

  1. Q.国外財産調書制度について教えてください。
  2. Q.アメリカの未上場の会社の株式を相続しました。この株式の評価に…
  3. Q.在外財産で節税することはできますか?
  4. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメ…
  5. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  6. Q.父(日本人)は事業に成功し、日本と外国に資産(銀行預金)を残…
  7. Q.日本の相続税の申告期限までに外国相続税額が確定していない場合…
  8. Q.私と父は10年前よりイタリアにおいて生活しています。このたび…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP