海外相続

Q.私と父は10年前よりフランスにおいて生活しています。このたび父が死去し、父が日本に持っている不動産を相続しました。この不動産は、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

A.制限納税義務者に当たりますので、国内財産だけが相続税の申告対象とされます。したがって、日本にある不動産は、日本の相続税の申告対象となります。

ご質問のケースについては、あなたや父は5年を超えて日本に住所がありませんので、国籍がどこであるかにかかわらず、あなたは制限納税義務者に当たります。したがって、外国にある財産には日本の相続税はかかりませんが、日本にある財産には相続税がかかります。

関連記事

  1. Q.日本の銀行のイギリス支店に預け入れられた普通預金を相続しまし…
  2. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  3. Q.父が日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結…
  4. Q.アメリカにある建物を相続しました。アメリカには固定資産税評価…
  5. Q.既に納めた外国の相続税に相当する税の額が、日本において課税さ…
  6. Q.アメリカにおける遺産管理人というのは、いかなることをする人で…
  7. Q.日本の証券会社で購入したオーストラリア国債を相続しました。こ…
  8. Q.在外財産で節税することはできますか?

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP