海外相続

Q.アメリカにある賃貸物件(借地権・借家権割合)の評価は、いかにして行うのでしょうか?

A.海外に存在する土地や建物については、売買実例価額や不動産鑑定士等の精通者意見価格を斟酌して評価を行います。

日本の財産評価基本通達においては、土地や建物等の賃貸物件は、借地借家法を基に、その物件の借地権や借家権を考慮した上で評価を行うこととされています。
しかしながら、アメリカには借地借家法に当たるような法律は存在しません。それゆえ、財産評価基本通達に定められている方法に準じた方法か、売買実例価額や精通者意見価格等を考え合わせて評価を行います。賃貸物件の時価は、その実例価額や意見価格に織り込まれてくるものと思われます。

関連記事

  1. Q.国外財産調書制度について教えてください。
  2. Q.アメリカの銀行の日本支店に預け入れられた外貨預金を相続しまし…
  3. Q.私は日本で長い間生活している外国人ですが、病気になって遺言を…
  4. Q.日本の証券会社で購入したオーストラリア国債を相続しました。こ…
  5. Q.父は10年前よりシンガポールにおいて生活しています。このたび…
  6. Q.外貨建てによる財産を邦貨換算するに当たっては、三つの為替レー…
  7. Q.私は仕事のために日本と中国を3ヶ月おきに往来しています。住民…
  8. Q.父(日本人)は事業に成功し、日本と外国に資産(銀行預金)を残…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP