アーカイブス

Q.私は日本において生活しています。ドイツに住む知人が死去して、ドイツの銀行預金を私に残す遺言が存在し、外国税が控除された上で入金がありました。この預金は、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

A.居住無制限納税義務者に当たりますので、国内・国外のあらゆる財産に相続税が課されます。それゆえ、ドイツの銀行預金についても、日本の相続税の申告対象とされます。

ご質問のケースについては、あなたは日本に住所がありますので、居住無制限納税義務者に当たります。したがって、被相続人の国籍や住所に関係なく、国内・国外のあらゆる財産に相続税がかかります。
なお、課税対象とされる預貯金の金額は、外国税控除前の金額です。

関連記事

  1. Q.アメリカにある建物を相続しました。アメリカには固定資産税評価…
  2. Q.アメリカにある土地につき、小規模宅地等の特例の適用を受けるこ…
  3. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  4. Q.私は10年前より韓国において生活しています。このたび日本に住…
  5. Q.中国の子会社に貸した長期貸付金を相続しました。この長期貸付金…
  6. Q.アメリカの銀行の日本支店に預け入れられた外貨預金を相続しまし…
  7. Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課…
  8. Q.父(日本人)は事業に成功し、日本と外国に資産(銀行預金)を残…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP