アーカイブス

Q.私は日本において生活しています。ドイツに住む知人が死去して、ドイツの銀行預金を私に残す遺言が存在し、外国税が控除された上で入金がありました。この預金は、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

A.居住無制限納税義務者に当たりますので、国内・国外のあらゆる財産に相続税が課されます。それゆえ、ドイツの銀行預金についても、日本の相続税の申告対象とされます。

ご質問のケースについては、あなたは日本に住所がありますので、居住無制限納税義務者に当たります。したがって、被相続人の国籍や住所に関係なく、国内・国外のあらゆる財産に相続税がかかります。
なお、課税対象とされる預貯金の金額は、外国税控除前の金額です。

関連記事

  1. Q.日本の証券会社で購入したオーストラリア国債を相続しました。こ…
  2. Q.アメリカにおける遺産管理人というのは、いかなることをする人で…
  3. Q.アメリカにある土地につき、小規模宅地等の特例の適用を受けるこ…
  4. Q.父と母は日本人ですが、父はアメリカに財産を有していました。ア…
  5. Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課…
  6. 相続財産を公益法人に寄附しました。何か特例はありますか?
  7. Q.アメリカにある賃貸物件(借地権・借家権割合)の評価は、いかに…
  8. Q.私は日本で長い間生活している外国人ですが、病気になって遺言を…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP