アーカイブス

  1. Q.国外財産調書制度について教えてください。

    A.平成24年度税制改正において創設された制度で、その年の12月31日においてその価額を合わせた額が5,000万円を超過する国外財産を有する居住者は、その翌年の3月15日までに国外財産調書を提出するというものです。国外財産調書制度の…

  2. 相続財産を公益法人に寄附しました。何か特例はありますか?

    相続した財産を公益法人等に寄附した場合、その寄付をした財産や支出した金銭は相続税の対象としない特例が…

  3. Q.父と母は日本人ですが、父はアメリカに財産を有していました。アメリカでは配偶者は相続税が課されないそうですが、非居住者についてもこの配偶者控除が適用されるのでしょうか?

    A.非居住者には配偶者控除の適用はありません。適用されるのはアメリカ市民権保持者に限られ、この場合に…

  4. Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課された場合、いかにして外国税額控除の計算を行うのでしょうか?

    A.数カ国の外国にある財産の価額を合計したところで、外国税額控除の計算をするものと考えられます。…

  5. Q.アメリカで遺産税の申告を行いましたが、同一の財産につき日本においても相続税が課されるのでしょうか?

    A.無制限納税義務者に当たる場合、アメリカにおいて遺産税が課税された財産についても、日本で相続税の申…

  6. Q.外国において課税された相続税は、いつのレートによって換算するのでしょうか?

  7. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近年は事業も順調とはいえず、父は多額の負債を残して死去しました。相続人は、同じく外国籍である母と、日本で生まれた私たち子供(外国籍)です。日本法によって定められている限定承認(民法第922条や)相続放棄(同法第938条)のような手続を、日本の裁判所で行うことは可能ですか?

  8. Q.アメリカにおける遺産管理人というのは、いかなることをする人でしょうか?

  9. Q.アメリカの上場株式を相続しました。課税時期の属する月、前月及び前々月の月平均額を算定するに当たり、換算レートは、各々いつのレートで換算するのでしょうか?

  10. Q.中国の子会社に貸した長期貸付金を相続しました。この長期貸付金の所在地はどこになるでしょうか?

おすすめ記事

  1. Q.国外財産調書制度について教えてください。
  2. 相続財産を公益法人に寄附しました。何か特例はありますか?
  3. Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?

おすすめ記事

Q.国外財産調書制度について教えてください。

A.平成24年度税制改正において創設された制度で、その年の12月31日においてその価額を合わせた額が…

おすすめ記事

  1. Q.国外財産調書制度について教えてください。
  2. 相続財産を公益法人に寄附しました。何か特例はありますか?
  3. Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?
PAGE TOP