アーカイブス

Q.アメリカの上場株式を相続しました。課税時期の属する月、前月及び前々月の月平均額を算定するに当たり、換算レートは、各々いつのレートで換算するのでしょうか?

A.個別に換算するのではなく、選択した株価に株数を乗じてから、課税時期のTTB(電信買相場)で邦貨に換算します。

上場株式の評価は、所有していた株数に、課税時期の最終価額(終値)、課税時期の属する月、前月及び前々月の平均額という四つの株価のうちで一番低いものを乗じて行います。

国外に存在する財産の邦貨換算に関しては、課税時期における最終の為替相場(TTB)によって換算するのが原則です。換算方法は上記の評価方法とは別の問題で、外国通貨で評価した後の金額を換算します。
それゆえ、ご質問のケースについては、アメリカの上場株式ですので、ドルで評価額の算定を行い、最後に円に換算します。用いる換算レートは課税時期のレートであるといえます。

関連記事

  1. Q.アメリカにおいて登録されている自動車(日本でも購入できるもの…
  2. Q.外国において課税された相続税は、いつのレートによって換算する…
  3. Q.私は日本で長い間生活している外国人ですが、病気になって遺言を…
  4. Q.アメリカにある建物を相続しました。アメリカには固定資産税評価…
  5. Q.日本の証券会社で購入したイタリアの会社の株式を相続しました。…
  6. Q.父と母は日本人ですが、父はアメリカに財産を有していました。ア…
  7. Q.アメリカにある賃貸物件(借地権・借家権割合)の評価は、いかに…
  8. 相続財産を公益法人に寄附しました。何か特例はありますか?

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP