海外相続

Q.私は日本に住んでいて、父も日本に住んでいましたがこのたび死去しました。アメリカにある父の不動産を相続しましたが、この不動産は日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

A.居住無制限納税義務者に当たりますので、国内・国外のあらゆる財産に相続税が課されます。それゆえ、アメリカにある不動産についても、日本の相続税の申告対象とされます。

ご質問のケースについては、あなたは日本に住所がありますので、居住無制限納税義務者に当たります。したがって、国内・国外のあらゆる財産に相続税がかかります。
ちなみに、住所というのは各人の生活の本拠のことですが、本拠であるか否かは客観的事実を基に判定されます。また、国内に住所があるか否かは、相続発生の時点が基準となります。

関連記事

  1. Q.アメリカにある土地につき、小規模宅地等の特例の適用を受けるこ…
  2. Q.アメリカの会社の株式でニューヨークとロンドンに上場されていた…
  3. Q.私は日本で長い間生活している外国人ですが、病気になって遺言を…
  4. Q.父と母は日本人ですが、父はアメリカに財産を有していました。ア…
  5. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメ…
  6. Q.私(日本人)は、2年間の予定でオーストラリアに留学していて、…
  7. Q.私の父は日本人で、私の母はアメリカ人です。私はアメリカで生ま…
  8. Q.アメリカの銀行の日本支店に預け入れられた外貨預金を相続しまし…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP