アーカイブス

Q.中国の子会社に貸した長期貸付金を相続しました。この長期貸付金の所在地はどこになるでしょうか?

A.貸付金債権の所在地は、債務者の住所又は本店若しくは主たる事務所の所在地で判定されますので、この長期貸付金の所在地は中国となります。

貸付金債権の所在地は、債務者の住所又は本店若しくは主たる事務所の場所とされています。
ご質問のケースについては、あなたが相続した中国の子会社に対する貸付金に関しては、その子会社の本店が存在する中国が所在地であるということになり、国外財産に当てはまります。

関連記事

  1. 条文の具体的な読み方について教えてください
  2. 相続財産を公益法人に寄附しました。何か特例はありますか?
  3. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメ…
  4. Q.私は仕事のために日本と中国を3ヶ月おきに往来しています。住民…
  5. Q.アメリカにおける遺産管理人というのは、いかなることをする人で…
  6. Q.アメリカにある土地につき、小規模宅地等の特例の適用を受けるこ…
  7. Q.日本の証券会社で購入したオーストラリア国債を相続しました。こ…
  8. Q.私は日本に住んでいて、父も日本に住んでいましたがこのたび死去…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP