アーカイブス

Q.中国の子会社に貸した長期貸付金を相続しました。この長期貸付金の所在地はどこになるでしょうか?

A.貸付金債権の所在地は、債務者の住所又は本店若しくは主たる事務所の所在地で判定されますので、この長期貸付金の所在地は中国となります。

貸付金債権の所在地は、債務者の住所又は本店若しくは主たる事務所の場所とされています。
ご質問のケースについては、あなたが相続した中国の子会社に対する貸付金に関しては、その子会社の本店が存在する中国が所在地であるということになり、国外財産に当てはまります。

関連記事

  1. Q.父が日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結…
  2. Q.父(日本人)は事業に成功し、日本と外国に資産(銀行預金)を残…
  3. 条文の具体的な読み方について教えてください
  4. Q.日本の銀行のイギリス支店に預け入れられた普通預金を相続しまし…
  5. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  6. Q.私は仕事のために日本と中国を3ヶ月おきに往来しています。住民…
  7. Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課…
  8. Q.外貨建てによる財産を邦貨換算するに当たっては、三つの為替レー…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP