アーカイブス

Q.中国の子会社に貸した長期貸付金を相続しました。この長期貸付金の所在地はどこになるでしょうか?

A.貸付金債権の所在地は、債務者の住所又は本店若しくは主たる事務所の所在地で判定されますので、この長期貸付金の所在地は中国となります。

貸付金債権の所在地は、債務者の住所又は本店若しくは主たる事務所の場所とされています。
ご質問のケースについては、あなたが相続した中国の子会社に対する貸付金に関しては、その子会社の本店が存在する中国が所在地であるということになり、国外財産に当てはまります。

関連記事

  1. Q.国外財産調書制度について教えてください。
  2. Q.私と父は10年前よりフランスにおいて生活しています。このたび…
  3. Q.国内で事業者が事業として対価を得て行う取引に消費税が課される…
  4. Q.在外財産で節税することはできますか?
  5. Q.アメリカにある建物を相続しました。アメリカには固定資産税評価…
  6. Q.父は10年前よりシンガポールにおいて生活しています。このたび…
  7. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  8. Q.アメリカで遺産税の申告を行いましたが、同一の財産につき日本に…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP