海外相続

Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その財産について確定された為替相場が存在する場合には、いつのレートによって換算するのですか?

A.課税時期の為替相場にかかわらず、先物外国為替契約によって確定された為替相場によって換算することになります。

先物外国為替契約を結んでいるために、その財産に関する為替相場が確定しているのであれば、契約で確定された為替相場によります。
ただ、先物外国為替契約を結んでいる場合にも、契約締結時以後一定の期間内に先物相場を設定するか否かを選べるものに関しては、課税時期においてまだ先物相場を設定していないときは、課税時期現在の為替レートを適用することになっています。

関連記事

  1. Q.私(日本人)は、2年間の予定でオーストラリアに留学していて、…
  2. Q.既に納めた外国の相続税に相当する税の額が、日本において課税さ…
  3. Q.私は日本に住んでいて、父も日本に住んでいましたがこのたび死去…
  4. Q.アメリカの上場株式を相続しました。課税時期の属する月、前月及…
  5. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近…
  6. Q.私(日本人)は、日本においてアメリカ人男性と結婚し、その夫の…
  7. Q.私は仕事のために日本と中国を3ヶ月おきに往来しています。住民…
  8. Q.私は10年前より韓国において生活しています。このたび日本に住…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP