海外相続

Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その財産について確定された為替相場が存在する場合には、いつのレートによって換算するのですか?

A.課税時期の為替相場にかかわらず、先物外国為替契約によって確定された為替相場によって換算することになります。

先物外国為替契約を結んでいるために、その財産に関する為替相場が確定しているのであれば、契約で確定された為替相場によります。
ただ、先物外国為替契約を結んでいる場合にも、契約締結時以後一定の期間内に先物相場を設定するか否かを選べるものに関しては、課税時期においてまだ先物相場を設定していないときは、課税時期現在の為替レートを適用することになっています。

関連記事

  1. Q.アメリカの未上場の会社の株式を相続しました。この株式の評価に…
  2. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近…
  3. Q.私(日本人)は、2年間の予定でオーストラリアに留学していて、…
  4. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメ…
  5. Q.日本の相続税の申告期限までに外国相続税額が確定していない場合…
  6. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…
  7. Q.外国において課税された相続税は、いつのレートによって換算する…
  8. Q.アメリカの銀行の日本支店に預け入れられた外貨預金を相続しまし…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP