アーカイブス

Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課された場合、いかにして外国税額控除の計算を行うのでしょうか?

A.数カ国の外国にある財産の価額を合計したところで、外国税額控除の計算をするものと考えられます。

被相続人が外国に財産を有していて、その財産につき、財産の所在地国において相続税が課された場合には、外国と日本において二重課税が生じますので、日本の相続税より、次の計算式で算出した金額を控除することになります。
その人の納付する相続税額(2割加算及び各種税額控除後)× 外国税が課税された国外財産の価額/相続か遺贈によって取得した財産の価額(債務控除後)
被相続人が数カ国に財産を有していて、数カ国において相続税が課されたのであれば、日本と各々の国において二重課税が生じますので、外国にある財産の価額を合計したところで、外国税額控除の計算をするものと考えられます。

関連記事

  1. Q.父は10年前よりシンガポールにおいて生活しています。このたび…
  2. Q.アメリカにおいて登録されている自動車(日本でも購入できるもの…
  3. Q.外国において課税された相続税は、いつのレートによって換算する…
  4. Q.アメリカの未上場の会社の株式を相続しました。この株式の評価に…
  5. Q.私(日本人)は、2年間の予定でオーストラリアに留学していて、…
  6. Q.アメリカにある建物を相続しました。アメリカには固定資産税評価…
  7. 条文の具体的な読み方について教えてください
  8. 相続財産を公益法人に寄附しました。何か特例はありますか?

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP