アーカイブス

Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課された場合、いかにして外国税額控除の計算を行うのでしょうか?

A.数カ国の外国にある財産の価額を合計したところで、外国税額控除の計算をするものと考えられます。

被相続人が外国に財産を有していて、その財産につき、財産の所在地国において相続税が課された場合には、外国と日本において二重課税が生じますので、日本の相続税より、次の計算式で算出した金額を控除することになります。
その人の納付する相続税額(2割加算及び各種税額控除後)× 外国税が課税された国外財産の価額/相続か遺贈によって取得した財産の価額(債務控除後)
被相続人が数カ国に財産を有していて、数カ国において相続税が課されたのであれば、日本と各々の国において二重課税が生じますので、外国にある財産の価額を合計したところで、外国税額控除の計算をするものと考えられます。

関連記事

  1. Q.日本の相続税の申告期限までに外国相続税額が確定していない場合…
  2. 相続財産を公益法人に寄附しました。何か特例はありますか?
  3. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近…
  4. Q.既に納めた外国の相続税に相当する税の額が、日本において課税さ…
  5. Q.私の父は日本人で、私の母はアメリカ人です。私はアメリカで生ま…
  6. Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?
  7. Q.国内で事業者が事業として対価を得て行う取引に消費税が課される…
  8. Q.私は日本で長い間生活している外国人ですが、病気になって遺言を…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP