アーカイブス

Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課された場合、いかにして外国税額控除の計算を行うのでしょうか?

A.数カ国の外国にある財産の価額を合計したところで、外国税額控除の計算をするものと考えられます。

被相続人が外国に財産を有していて、その財産につき、財産の所在地国において相続税が課された場合には、外国と日本において二重課税が生じますので、日本の相続税より、次の計算式で算出した金額を控除することになります。
その人の納付する相続税額(2割加算及び各種税額控除後)× 外国税が課税された国外財産の価額/相続か遺贈によって取得した財産の価額(債務控除後)
被相続人が数カ国に財産を有していて、数カ国において相続税が課されたのであれば、日本と各々の国において二重課税が生じますので、外国にある財産の価額を合計したところで、外国税額控除の計算をするものと考えられます。

関連記事

  1. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  2. Q.父と母は日本人ですが、父はアメリカに財産を有していました。ア…
  3. Q.アメリカにある賃貸物件(借地権・借家権割合)の評価は、いかに…
  4. Q.私は10年前より韓国において生活しています。このたび日本に住…
  5. Q.アメリカの銀行の日本支店に預け入れられた外貨預金を相続しまし…
  6. Q.外国において課税された相続税は、いつのレートによって換算する…
  7. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  8. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP