海外相続

Q.外貨建てによる財産を邦貨換算するに当たっては、三つの為替レート(TTB・TTM・TTS)のうち、いずれのレートを用いるのでしょうか?

A.原則として、納税義務者の取引金融機関が公表する課税時期における最終の為替相場のうちで、TTB(対顧客直物電信買相場)によります。

外貨建てによる財産と国外にある財産の邦貨換算は、納税義務者の取引金融機関が公表する課税時期における最終の為替相場のうちで、TTBによるのが原則です。

なお、外貨建債務が存在する場合においては、円を外貨に交換して債務の支払いを行わなければなりませんので、TTS(対顧客直物電信売相場)を適用することになります。

関連記事

  1. Q.アメリカにおける遺産管理人というのは、いかなることをする人で…
  2. Q.私の父は日本人で、私の母はアメリカ人です。私はアメリカで生ま…
  3. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  4. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  5. Q.アメリカの未上場の会社の株式を相続しました。この株式の評価に…
  6. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近…
  7. Q.外国において課税された相続税は、いつのレートによって換算する…
  8. Q.アメリカの会社の株式でニューヨークとロンドンに上場されていた…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP