海外相続

Q.外貨建てによる財産を邦貨換算するに当たっては、三つの為替レート(TTB・TTM・TTS)のうち、いずれのレートを用いるのでしょうか?

A.原則として、納税義務者の取引金融機関が公表する課税時期における最終の為替相場のうちで、TTB(対顧客直物電信買相場)によります。

外貨建てによる財産と国外にある財産の邦貨換算は、納税義務者の取引金融機関が公表する課税時期における最終の為替相場のうちで、TTBによるのが原則です。

なお、外貨建債務が存在する場合においては、円を外貨に交換して債務の支払いを行わなければなりませんので、TTS(対顧客直物電信売相場)を適用することになります。

関連記事

  1. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近…
  2. Q.日本の証券会社で購入したオーストラリア国債を相続しました。こ…
  3. Q.アメリカにある土地につき、小規模宅地等の特例の適用を受けるこ…
  4. Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課…
  5. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  6. Q.父は10年前よりシンガポールにおいて生活しています。このたび…
  7. Q.アメリカにおける遺産管理人というのは、いかなることをする人で…
  8. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP