海外相続

Q.既に納めた外国の相続税に相当する税の額が、日本において課税された相続税額を上回る場合、その差額は還付されますか?

A.既に納めた外国税額が日本において課税された相続税額を上回っても、その差額は還付されないことになっています。

例えば、日本の相続税額が600万円と算出されたとし、既に外国で相続税に相当する税1,000万円(円換算額)を納めていたとします。この場合、日本において納めるべき相続税額は、600万円-1,000万円=-400万円≦0となります。したがって、日本における納税は不要ですが、差額の400万円が還付されるわけではありません。すなわち、外国に1,000万円、日本に0円、合計1,000円を納めたこととなります。

なお、上記のケースとは逆に、仮に日本の相続税額が1,000万円と算出されたとし、既に外国で相続税に相当する税600万円(円換算額)を納めていたとします。この場合には、日本において納めるべき相続税額は、1,000万円-600万円=400万円となります。すなわち、外国に600万円、日本に400万円、合計1,000円を納めたこととなります。

関連記事

  1. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  2. Q.中国の子会社に貸した長期貸付金を相続しました。この長期貸付金…
  3. Q.国外財産調書制度について教えてください。
  4. Q.アメリカにある賃貸物件(借地権・借家権割合)の評価は、いかに…
  5. Q.私は10年前より韓国において生活しています。このたび日本に住…
  6. Q.アメリカの銀行の日本支店に預け入れられた外貨預金を相続しまし…
  7. Q.アメリカにある建物を相続しました。アメリカには固定資産税評価…
  8. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP