海外相続

Q.私は日本で長い間生活している外国人ですが、病気になって遺言をするつもりです。どのようにすればいいですか?

A.遺言の方式としては、遺言者の本国法か日本法に規定される方式に沿えば有効になります。しかし、遺言能力、意思表示の瑕疵、遺言できる事項等については本国法に従います。したがって、遺言時における本国法に準拠している必要があるという結論になります。

1.遺言の方式
遺言の方式につき「遺言の方式の準拠法に関する法律」(以下「遺言準拠法」といいます)が存在し、遺言を可能な限り有効にしようとされています。遺言準拠法第2条によって、遺言の方式が、次の法のどれかに適合する場合は、方式について有効とされます。
・行為地法
・遺言者が遺言の成立か死去の当時国籍を有していた国の法
・遺言者が遺言の成立か死去の当時住所を有していた地の法
・遺言者が遺言の成立か死去の当時常居所を有していた地の法
・不動産に関する遺言につき、その不動産の所在地法
ご質問のケースについては、日本で長い間生活してきたとのことですので、遺言準拠法第2条にいう住所・常居所は日本に存在します。したがって、本国法か日本法に定められている方式に沿えば、遺言は有効になります。

2.遺言の実質的内容
遺言の実質的内容の問題(遺言能力、意思表示の瑕疵等)に関しては、「法の適用に関する通則法」第36条が適用される(被相続人の本国法に従う)ことになっています。
したがって、遺言の内容については、本国法に反するものであれば実現できません。

関連記事

  1. Q.日本の証券会社で購入したオーストラリア国債を相続しました。こ…
  2. Q.父と母は日本人ですが、父はアメリカに財産を有していました。ア…
  3. Q.父は10年前よりシンガポールにおいて生活しています。このたび…
  4. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近…
  5. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメ…
  6. Q.アメリカの上場株式を相続しました。課税時期の属する月、前月及…
  7. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  8. Q.中国の子会社に貸した長期貸付金を相続しました。この長期貸付金…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP