海外相続

Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?

A.アメリカにおいては、遺産の相続人に対して税金が課税されるのではなく、遺産の譲渡に税金が課されます。したがって、相続税とは呼ばれず、遺産税と呼ばれています。
贈与税、遺産税、世代飛越税は、統一された課税システムとなっています。
贈与税は、生涯を通じての贈与に課税されます。生涯を通じての贈与は、死亡時における遺産総額に含まれます。死亡時における資産の譲渡に対して、遺産税が課税されます。世代飛越税は、税金を納付することなく、次世代に資産が譲渡されるのを防止するものです。
資産そのもの、資産を譲渡される人又は資産を受ける権利を有する相続人に税が課されるわけではなく、資産の譲渡自体に課されるのです。

申告義務者は死亡時に遺産の総額を算出し、9ヶ月以内に申告を行います。遺産総額より非課税額を差し引き、その後、葬式費用や事務費用といった経費を差し引いて、税額の算出をします。

非課税額は534万ドル(2014年)ですが、非居住外国人は基礎控除額として6万ドルのみが認められます。

関連記事

  1. Q.在外財産で節税することはできますか?
  2. Q.アメリカの会社の株式でニューヨークとロンドンに上場されていた…
  3. Q.私は日本において生活しています。ドイツに住む知人が死去して、…
  4. Q.アメリカにある土地につき、小規模宅地等の特例の適用を受けるこ…
  5. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…
  6. Q.私と父は10年前よりイタリアにおいて生活しています。このたび…
  7. Q.既に納めた外国の相続税に相当する税の額が、日本において課税さ…
  8. Q.中国の子会社に貸した長期貸付金を相続しました。この長期貸付金…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP