海外相続

Q.私(日本人)は、2年間の予定でオーストラリアに留学していて、父の所有するアパートにおいて生活しています。ちょうど1年が過ぎた際に、日本に住む父が死去し、現在生活しているアパートを相続しました。このアパートは、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

A.無制限納税義務者に当たりますので、国内・国外のあらゆる財産に相続税が課されます。それゆえ、オーストラリアにあるアパートについても、日本の相続税の申告対象とされます。

ご質問のケースについては、留学で一時的に日本を離れている場合、日本に住所があるものとして扱われます。また、住所も客観的な生活の本拠もオーストラリアにある場合にも、学術・技芸の習得のために留学している人で、日本にいる人より仕送り等を受領して生活しているのであれば、日本に住所があるものとして扱われます。それゆえ、これらの場合には、日本に住所があるものとされますので、無制限納税義務者に当たります。
ちなみに、留学ではなく、仕送りも受けていない場合にも、あなたも父も日本に住所がない期間が5年を超えていませんので、無制限納税義務者に該当します。

関連記事

  1. Q.父と母は日本人ですが、父はアメリカに財産を有していました。ア…
  2. Q.ドイツの銀行のドイツ支店に預け入れられた普通預金を相続しまし…
  3. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…
  4. Q.父が日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結…
  5. Q.私は日本において生活しています。ドイツに住む知人が死去して、…
  6. Q.父は10年前よりシンガポールにおいて生活しています。このたび…
  7. Q.国外財産調書制度について教えてください。
  8. Q.アメリカの未上場の会社の株式を相続しました。この株式の評価に…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP