海外相続

Q.日本の証券会社で購入したオーストラリア国債を相続しました。この国債の所在地を教えてください。

A.国債の所在地は、発行先の国となりますので、オーストラリア国債の所在地はオーストラリアであるといえます。

日本国政府が発行する国債や日本の地方公共団体が発行する地方債の所在地は、日本ということになります。また、外国や外国の地方公共団体が発行する国債や地方債の所在地は、その発行する外国となります。
ご質問のケースについては、日本の証券会社で購入したものの、オーストラリア国債の所在地はオーストラリアです。

関連記事

  1. Q.私は仕事のために日本と中国を3ヶ月おきに往来しています。住民…
  2. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  3. Q.外貨建てによる財産を邦貨換算するに当たっては、三つの為替レー…
  4. Q.私は10年前より韓国において生活しています。このたび日本に住…
  5. Q.私(日本人)は、2年間の予定でオーストラリアに留学していて、…
  6. Q.父は10年前よりシンガポールにおいて生活しています。このたび…
  7. Q.アメリカの未上場の会社の株式を相続しました。この株式の評価に…
  8. Q.被相続人が数カ国の外国に財産を有していて、数カ国の相続税が課…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP