海外相続

Q.アメリカにある建物を相続しました。アメリカには固定資産税評価額はないそうですが、建物の評価はいかにして行うのですか?

A.海外に存在する建物については、売買実例価額や不動産鑑定士等の精通者意見価格を斟酌して評価を行います。

日本の財産評価基本通達においては、建物は固定資産評価額に基づいて評価を行うこととされています。
しかし、海外にある建物には固定資産税評価額がありませんので、この通達によって評価を行うことは不可能です。したがって、海外にある建物は、この通達に定められている方法に準じた方法か、売買実例価額や精通者意見価格等を考え合わせて評価を行います。実務上は、現地の専門家による評価額で、恣意的な評価引下げがなされていない価額であれば問題ないものと思われます。

例えば、アメリカにおいては、不動産の評価方法として次のものが存在します。
・コストアプローチ(対象不動産と同じものを建設すると想定した場合におけるコスト等より評価を行う方法)
・インカムアプローチ(ネットキャッシュフロー等を基準として評価を行う方法)
・マーケットアプローチ(第三者取引データ等を基に評価を行う方法)

関連記事

  1. Q.父は外国籍ですが、日本において長い間事業を営んできました。近…
  2. Q.私の父は日本人で、私の母はアメリカ人です。私はアメリカで生ま…
  3. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…
  4. Q.私(日本人)は、日本においてアメリカ人男性と結婚し、その夫の…
  5. Q.日本の銀行のイギリス支店に預け入れられた普通預金を相続しまし…
  6. Q.外貨建てによる財産を邦貨換算するに当たっては、三つの為替レー…
  7. Q.ある財産の邦貨換算について、先物外国為替契約が締結され、その…
  8. Q.ドイツの銀行のドイツ支店に預け入れられた普通預金を相続しまし…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP