非居住者の相続

Q.私と父は10年前よりイタリアにおいて生活しています。このたび父が死去し、イタリアにある不動産を相続しました。この不動産は、日本において相続税の申告対象となるのでしょうか?

A.制限納税義務者に当たりますので、国内財産だけが相続税の申告対象とされます。それゆえ、イタリアにある不動産は、日本の相続税の申告対象とならないといえます。

ご質問のケースについては、あなたや父は5年を超えて日本に住所がありませんので、国籍がどこであるかにかかわらず、あなたは制限納税義務者に当たります。したがって、日本にある財産だけに相続税がかかり、外国にある財産には日本の相続税はかかりません。

関連記事

  1. Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?
  2. Q.私は10年前より韓国において生活しています。このたび日本に住…
  3. Q.父と母は日本人ですが、父はアメリカに財産を有していました。ア…
  4. Q.父が日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結…
  5. Q.私の父は日本人で、私の母はアメリカ人です。私はアメリカで生ま…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP