海外相続

Q.アメリカの会社の株式でニューヨークとロンドンに上場されていたものについては、日本の相続税法に定められている上場株式に似通ったものと考え、同一の評価方法を用いればいいのでしょうか?

A.財産評価基本通達に定められている「上場株式」の評価方法に準じて評価を行います。

外国の証券取引所に上場されている株式は、日本国内の上場株式と同様に、相続開始時に取引価格が明白になっていることから、財産評価基本通達に定められている「上場株式」の評価方法に準じて評価することになります。
なお、邦貨換算については、金融機関が公表する課税時期における最終の為替相場(対顧客電信買相場(TTB)かこれに準ずる相場)によるのが原則です。

日本の上場株式で複数の証券取引所に上場されている場合、証券取引所の選択は「納税義務者が選択し証券取引所」とされています。すなわち、「課税時期の最終価格」と「最終価格の月平均額」があれば、いずれかを自由に選ぶことが可能です。

関連記事

  1. Q.日本の相続税の申告期限までに外国相続税額が確定していない場合…
  2. Q.外貨建てによる財産を邦貨換算するに当たっては、三つの為替レー…
  3. Q.私は仕事のために日本と中国を3ヶ月おきに往来しています。住民…
  4. Q.中国の子会社に貸した長期貸付金を相続しました。この長期貸付金…
  5. Q.私と父は10年前よりフランスにおいて生活しています。このたび…
  6. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  7. Q.私は10年前より韓国において生活しています。このたび日本に住…
  8. Q.アメリカの遺産税というのは、どのような税金ですか?

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP