海外相続

Q.アメリカの会社の株式でニューヨークとロンドンに上場されていたものについては、日本の相続税法に定められている上場株式に似通ったものと考え、同一の評価方法を用いればいいのでしょうか?

A.財産評価基本通達に定められている「上場株式」の評価方法に準じて評価を行います。

外国の証券取引所に上場されている株式は、日本国内の上場株式と同様に、相続開始時に取引価格が明白になっていることから、財産評価基本通達に定められている「上場株式」の評価方法に準じて評価することになります。
なお、邦貨換算については、金融機関が公表する課税時期における最終の為替相場(対顧客電信買相場(TTB)かこれに準ずる相場)によるのが原則です。

日本の上場株式で複数の証券取引所に上場されている場合、証券取引所の選択は「納税義務者が選択し証券取引所」とされています。すなわち、「課税時期の最終価格」と「最終価格の月平均額」があれば、いずれかを自由に選ぶことが可能です。

関連記事

  1. Q.私は仕事のために日本と中国を3ヶ月おきに往来しています。住民…
  2. Q.アメリカにある賃貸物件(借地権・借家権割合)の評価は、いかに…
  3. Q.課税時期が日曜日であった場合(課税時期に為替相場が存在しない…
  4. Q.日本の銀行において、アメリカの保険会社の生命保険契約を結び、…
  5. Q.私は日本に住んでいて、父も日本に住んでいましたがこのたび死去…
  6. Q.アメリカにある土地を相続しました。日本の土地とは違って、アメ…
  7. Q.私の父は日本人で、私の母はアメリカ人です。私はアメリカで生ま…
  8. Q.外国において課税された相続税は、いつのレートによって換算する…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP