居住者の相続

父から相続時精算課税制度の贈与によって土地を取得し、相続後にこの土地を売却しました。この場合、相続財産を譲渡した場合の取得費加算の特例を適用できるでしょうか?

一定の要件に該当すれば、取得費加算の特例を適用することができます。

1.取得費の概要
譲渡所得の金額は、
土地等を売った収入金額-(取得費+譲渡費用)
で計算します。土地の場合の取得費は、買い入れ時の購入代金や仲介手数料等の合計額です。相続によって取得した土地なら、被相続人が購入したときの購入代金や仲介手数料等の合計額が取得費となります。

2.取得費加算の概要
相続した土地等を一定期間内に売却した場合には、相続税額のうち一定金額を取得費に加算できる特例があります。

3.相続時精算課税制度と取得費加算の特例
相続時精算課税制度の適用を受けた贈与財産は、要件を満たしていれば取得費加算の特例の対象となります。

4.暦年課税制度と取得費加算の特例
暦年課税制度による贈与財産は、相続で財産を取得した人が被相続人から受けた相続開始前3年以内の贈与財産に限って、相続税の課税価格に加算されます。
この加算された財産は、要件を満たしていれば取得費加算の特例の対象となります。

関連記事

  1. 事業承継を考える上でのポイントを教えてください。
  2. 所有している居住用不動産の妻への贈与を考えています。贈与税を軽減…
  3. 医療法人の関係法令に照らして医療法人が剰余金の配当を行うことはで…
  4. 贈与税の相続時精算課税制度について教えてください。
  5. 相続時精算課税制度を適用して贈与された土地を、相続税申告時に物納…
  6. Q.国内で事業者が事業として対価を得て行う取引に消費税が課される…
  7. 父と母の両方から贈与を受けたいのですが、2人から贈与を受ける場合…
  8. 剰余金の配当として親会社株式を親会社に交付するとき適格現物分配と…

ピックアップ記事

ランキング

PAGE TOP